オリンピック

アガ・ボンチフスカの賄賂や因縁とは?疑惑の審判員の顔画像を特定!

アガ・ボンチフスカの賄賂や因縁とは?疑惑の審判員の顔画像を特定!

北京オリンピック、スキー・ジャンプ混合の疑惑の失格騒動。

 

今や世界中を巻き込んで大騒ぎに発展!

連日メディアでも批判が続く今回の騒動ですが、問題の審判員、マテリアルコントロール(道具チェック)担当者のミカ・ユッカラ氏の名前が公表され、世界中からバッシングの嵐。

そんな中、さらにもうひとりの人物が浮かび上がってきました。

ポーランド人の女性審判員を務める、アガ・ボンチフスカ氏こそがその人物。

 

そして、今回の失格騒動の黒幕がアガ・ボンチフスカ氏だというからさらに驚きです。

ネットでは、

アガ・ボンチフスカは賄賂をもらっているのでは?

アガ・ボンチフスカと失格にしたチーム(国)との因縁

このような疑惑の声が多く上がっています。

というわけで当記事では、

  • アガ・ボンチフスカの賄賂と因縁
  • アガ・ボンチフスカの顔画像

について徹底調査していきます。

アガ・ボンチフスカの顔画像は?

さっそくですが、渦中の審判員、アガ・ボンチフスカ氏の顔画像がこちら!

ポーランド人の審判員アガ・ボンチフスカ氏について年齢など詳しい情報は現時点では好評されていませんが、おそらく50代半ばくらいではないでしょうか。

因みに、アガ・ボンチフスカ氏はスキー・ジャンプの指導経験もなければ、競技自体も未経験、つまりスキージャンプのことすらよくわかっていないというのです。

そんな人物がオリンピック競技で審判に関わっていいものなんでしょうか?

次項では、アガ・ボンチフスカの賄賂や過去の因縁について取りあげていきます。

アガ・ボンチフスカの賄賂疑惑

ネットでは、「アガ・ボンチフスカは中国から多額の賄賂を受け取っているのでは?

このような声が多く上がっているのも事実。

もう一人の検査官ミカ・ユッカラ氏と一緒に賄賂を受け取っているのでは?そんな疑惑がかかっているアガ・ボンチフスカ氏ですが、現時点で賄賂を受け取っているという確証は見つかっていません。

なのでこのことについては、今回の騒動で頭にきている人たちの憶測のようです。

アガ・ボンチフスカの因縁?今回の失格騒動は復讐のため?

そして問題なのは、今回のアガ・ボンチフスカの失格判定には過去の因縁が大きく関係しているのではと囁かれています。       

事の経緯を振り返りましょう。

スキー・ジャンプを終えた高梨沙羅さん含め5人の選手に抜き打ち検査した際、スーツのサイズが大きいと指摘した最初の検査官が、このアガ・ボンチフスカ氏だそうで、その後、男子選手専属の検査官である、ミカ・ユッカラ氏にも検査を促したというのです。

本来男性検査官は女性選手のウェアなどの検査には立ち会わないはずなのに、どうして今回のようなことが起きたのでしょうか?

過去の因縁と復讐劇?一体どういうことでしょうか?

海外のスポーツ紙の内容によると、

過去にポーランドチームが改良したスキーシューズの着用が認められずポーランドは競技に勝てなかったそうです。

しかし同じようにシューズを改良して競技に出場していたチームが、今回失格になった、ノルウェー、ドイツ、日本、オーストリアだと言うのです。

そのことを不服として、アガ・ボンチフスカ氏が運営側に申し立てとところ受け入れられませんでした。

その時のことを”ずっと根に持っていた”というのが大筋の見方のようです。

それ以外にも、もともとアスリートではないアガ・ボンチフスカ氏がこのような重要なポストについていることをよく思わない者も多いようで、劣等感からか、権力を誇示するような一面もあったというのです。

もしこれが本当なら、到底許されることではありません。

過去の因縁に対する逆恨みと復讐、自分の権力を誇示するために、純粋にスポーツに向き合う選手が犠牲になるなんて容認できるはずがないですよね。

今後さらに真実が解明されるのではないでしょうか。

アガ・ボンチフスカとミカ・ユッカラの責任逃れがヤバい

日を追うごとに新事実が見つかる今回の騒動。

渦中の人物の一人である、ミカ・ユッカラ氏が声明を発表しました。

東スポの記事を一部抜粋。

北京五輪のスキージャンプ混合団体で日本の高梨沙羅(25=クラレ)らがスーツ規定違反で失格になった問題で、〝黒幕説〟が浮上している渦中のフィンランド人審判ミカ・ユッカラ氏が「私は関係ない。全部(女性審判の)ボンチフスカがやった」と無関係だと主張した。

出典:東スポウェブ

これまでの報道を全面的に否定した、ミカ・ユッカラ氏。

実は海外ではミカ・ユッカラ氏に対してサツ◯イ予告まで出ているというのです。

さすがに怖くなったのか必死で火消ししているのかもしれません。

 

アガ・ボンチフスカ氏に関しては、自国のメディアに出演した際にも自らの判断の正当性を訴えているみたいですが。

どちらがの言い分が正しいのかは現段階では判断できかねますが、責任の押し付け合いだけはやめてほしいものです。

 

今後真実が解明されて正当なさばきをくだされることを切に願っています。

あなたにオススメ

-オリンピック

テキストのコピーはできません。