風習

五月人形って誰が用意する?父方、母方、どっちが正しい?

五月人形って誰が用意する?父方、母方、どっち?

男の子が生まれて、初めての初節句には「五月人形」を飾って盛大にお祝いしたい!

そう思うご家庭も多いことでしょう。

 

そんな時に疑問に思うのが、

五月人形って誰が用意するの?

父方、母方、それとも子供の親?

ってことではないでしょうか?

 

当記事ではそんな疑問についてまとめました。

男の子が生まれた、もうすぐ男のが生まれる、そんな方の参考になれば幸いです。

 

五月人形って誰が用意する?父方、母方どっち?

男の子が生まれ初節句を迎える頃になると、五月人形を飾りつけて盛大にお祝いしたい。

 

だけど初めての子供だとわからないことだらけですよね。

五月人形って、一体誰が用意するものなのか?

 

父方の実家?母方の実家?

それとも自分たちで買うもの?

 

 

筆者の生まれ育った関西では、

五月人形や鯉のぼりなどの飾り付けは、母方の実家が買うことが一般的とされていました。

しかし、住んでる地域によっては、父方の実家が買うのが一般的とされている場合もあるのです。

必ずしも夫婦が同じ出身地と限らないので、このような場合どうすればいいのか悩んでしまうもの。

 

ここで重要なのは、「誰が買うのか?」ではなく、「誰のために買うのか?」ということ。

生まれてきた子供の幸せを願うのは、子供の両親はもちろん、どちらのおじいちゃんおばあちゃんも同じ気持ちのはずです。

 

どちらの両親も特にこだわりがないのなら、一度しっかり話し合ってから、決めても良いでしょう。

とはいっても、どちらのご両親も可愛い孫にお祝いをしてあげたいと考えるものです。

 

どちらかが、五月人形を買うなら、もう片方の両親には鯉のぼりを買ってもらうとか、もしくはご祝儀をもらうとか、みんなが納得できる方法でお祝いしたいものですね。

ちなみに、筆者の場合は、前述しましたが、母方の両親から五月人形を買ってもらったので、筆者方の両親からは五月人形と一緒に飾る、金太郎人形を買ってもらいました。

 

鯉のぼりに関しては、ベランダに飾る小さはタイプを自分たちで購入。

そして初節句には、近くに住む父方、母方の両親を招待して、一緒にごちそうを食べてお祝いしました。

ポイント

  • 「誰が買うのか?」ではなく「誰のために買うのか?」
  • 生まれてきた子のことを思う気持ちはみんな同じ

 

五月人形って誰が用意する?地域別の習わし

西日本(関西~九州)では母方が用意することが多いです。

筆者と同じケースですね。

 

東日本(北海道、関東~中部)では跡取りの誕生を祝って、父型が用意することが多いとされています。

このように西と東では風習の違いや考え方が違うのです。

 

そして東日本では、女の子のお祝い(雛人形)に感しては、母方が用意することが多くて、西日本では、五月人形、雛人形ともに母方が用意することが一般的とされています。

ポイント

  • 西日本では母方の実家が買うのが一般的
  • 東日本では父方の実家が買うのが一般的

 

もともとは母方が用意することが風習だった

昔は五月人形と言えば母方画用意していた

本来、古い習わしでは、全国的にみても五月人形は母方が用意することが一般的とされていました。

その理由は、昔は結婚というと、女性側が男性の実家に嫁ぐことが当然とされていたからです。

そこで滅多に孫に会えない母方の両親が、孫の顔見たさに、お祝いの五月人形を持参して嫁ぎ先に訪問し、孫の様子を見に来ていたというのが習わしの始まりなのです。

 

いずれにしても、昔と今では生活環境も大きく違います。

ですので、あまり難しく考えずにみんなが納得できる形になるよう話し合って決めれば後からトラブルになることを防げます。

 

もう一度言いますが、端午の節句は生まれてきた男の子のためのもの。

 

誰が買うのか?

より、誰のために買うのか?

ここをしっかり頭において、お祝いしたいものですね。

ポイント

  • 結婚すると女性が男性の実家に嫁いで行くため、孫が生まれてもめったに会えない母方の両親のために、このような風習ができたとされている

 

まとめ

端午の節句には五月人形を飾って、生まれてきた男の子の幸せを願いお祝いしますが、

どちらの両親が五月人形を用意すればいいのか?

 

結論、どちらが用意しても構わない。

当人たちく含め、ご両家の両親の考えを聞いて、どちらも納得できる方法を考えて誰もが喜べる初節句にしたいものですね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにオススメ

-風習

テキストのコピーはできません。

© 2021 もっと知りたいッ!そこんトコ!! Powered by AFFINGER5