陸上

平林清澄(國學院大)の高校や中学はどこ?学生時代のエピソードも!

平林清澄(國學院大)の高校や中学はどこ?学生時代のエピソードも!

駅伝界で今、ホットな話題の大学といえば國學院大で、数々の大会で活躍しています。

特に、平林清澄さんは高校生の時も注目される選手でしたが、國學院大に入学後ますますパワーアップ!

 

自らの努力と周りの環境に恵まれて、次々と記録を更新してきた平林清澄さん。

そんな平林清澄さんの高校や大学について、学生時代のエピソードなども取り上げたいと思います。

これを読めば来年の箱根駅伝がより楽しめること間違いなし!かもしれません。

 

この記事でわかること

  • 平林清澄の高校
  • 平林清澄の中学
  • 平林清澄の学生時代のエピソード

 

平林清澄(國學院大)の高校はどこ?

平林清澄さんの高校は福井県立の美方高で、駅伝部とボート部が有名です。

同高の駅伝部には20名以上の部員がいて、平林清澄さんは入部した頃は下から2番目のタイムだったそう。

 

同級生には3000mを8分内で走る、県内トップ3のうち2人がいるという駅伝強豪校。

平林清澄さんは彼らに負けたくない!1年生から駅伝大会に出場したい!という目標をかかげて、死ぬ気で努力しました。

他の部員が大会に出ている時もひたすら練習を続けた成果もあり、記録会で8分台を出せるように。

 

その頃に覚醒したと自ら感じていて、平林清澄さんは高校時代に走るたびに記録を伸ばしていきました。

そしてついに、県高校駅伝や全国高校駅伝のメンバーに選ばれます。

福井県の高校駅伝では悔しくも2位となりましたが、北信越エリアから見事に全国高校駅伝への切符を手に入れました。

 

平林清澄(國學院大)の中学は?

平林清澄さんが卒業した中学校は、福井県越前市内にある武生第五中です。

こちらは全校生徒が30名弱と少人数で、部活動もバトミントンと卓球しかありませんでした。

 

平林清澄さんは体力づくりのためにバトミントン部に入り、体育の先生に付き添ってもらって陸上の大会にも個人で出場していたそう。

部活がなくても諦めずに個人で出るなんて、陸上に対するものすごいモチベーションを感じますね。

 

そして、中学3年生の時に寄せ集めのメンバーで出場した大会で、駅伝の魅力に気付きました。

自分がタスキを渡せたこと、その繋いだタスキが戻ってきたことに、とても感動したそうです。

夏に県の強化合宿に参加した際には、美方高の堀真浩先生と運命の出会いが!

それがきっかけとなり、平林清澄さんは高校は美方高に進学することになりました。

 

平林清澄(國學院大)の学生時代のエピソード!

平林清澄さんの高校時代や大学でのエピソードを、ここからは紹介していきます。

平林清澄(國學院大)の学生時代のエピソード①エースとしての自覚

平林清澄さんが高校2年生で県大会の5000mで優勝した時、恩師である堀真浩先生は『エースとしての自覚を持て!』とアドバイスしたそう。

それから平林清澄さんは、『エースって何だろう?』と考えるようになり、他校のエースと呼ばれる選手たちを観察するように。

その結果、練習でも率先してチームを引っ張るようになり、結果的に自分の記録も伸びたそうです。

平林清澄(國學院大)の学生時代のエピソード②驚異的な記録を次々と

堀真浩先生のもくろみはどうやら当たったようですね。

入部当初はビリから数えたほうが早かった平林清澄さんですが、人並み以上の努力で驚異的な記録を次々と打ち出します。

 

高校2年生の北信越大会の5000mでは、日本人ではトップの3位で通過し、沖縄で行なわれたインターハイにも出場。

駅伝の県大会では北信越地区代表として全国高校駅伝に出場し、エース区間といわれている1区で活躍しました。

高校3年生の時は感染症対策で試合自体が中止となり悔しい思いをしましたが、その思いは國學院大での活躍のバネとなったのではないでしょうか。

平林清澄(國學院大)の学生時代のエピソード③大学での練習が楽しくて仕方ない

平林清澄さんは高校を卒業後、出雲駅伝での快進撃を見て鳥肌がたつほど感動したという、憧れの國學院大に進学。

 

國學院大での練習は高水準のレベルで、ついていけるか離されるかギリギリのラインがワクワクするし、達成できるのが嬉しかったとのこと。

その効果もあって、5000mや10000mのトラック競技では自己新記録を次々と打ち出し、國學院大歴代でもトップ10に入るまでになりました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

國學院大學陸上競技部(@kokudai_ekiden)がシェアした投稿

どんなに優秀な成績でも課題を見つけて次に活かす、これこそが常に成長し続ける秘訣なのかもしれませんね。

平林清澄(國學院大)の学生時代のエピソード④出雲駅伝にアンカーとして出場

大学1年生の夏合宿中に、國學院大の前田康弘監督から『出雲駅伝はアンカーで行く』と告げられます。

1年生で出場するだけでもすごいですが、アンカーに抜擢されるのは実力が評価されてのこと。

 

偶然にも、平林清澄さんが國學院大に進みたいと思う決め手となったのが、2019年の出雲駅伝でアンカーの土方英和さんの走りを見たからです。

アンカーに選ばれて嬉しい反面、プレッシャーも感じていました。

しかし、前田康弘監督の『自分のできることをやればいい』という言葉に励まされて、アンカーとして最長区間を走破しました。

ゴール直前で抜かれて4位という結果でしたが、タスキを受けてから一気に東洋大を追い抜くなど、強気の走りだったと評価されています。

平林清澄(國學院大)の学生時代のエピソード⑤区間賞に匹敵する走り

全日本大学駅伝でも、平林清澄さんは活躍の走りを見せました。

安定した走りで区間3位という成績を残しましたが、世間の評価は区間賞に匹敵すると!

1年生でこの走りは素晴らしいですよね。

駅伝ファンでなくても、今後の活躍が楽しみで仕方ありません。

平林清澄さん自身はまだまだ納得の走りではなかったようなので、きっと箱根駅伝でリベンジを果たすのではないでしょうか。

 

平林清澄(國學院大)の高校や中学はどこ?学生時代のエピソードも!:まとめ

来年の箱根駅伝の注目株、平林清澄さんについてまとめてみましたが、いかかでしたか?

平林清澄さんは高校は美方高、中学は武生第五中の出身です。

中学には陸上部がありませんでしたが、個人で大会に出場するなど意欲的な選手でした。

県内でも有数の駅伝強豪校である美方高に進学した平林清澄さんは、ひたすら練習に打ち込み、全国高校駅伝などに出場します。

さらに、國學院大に入学するとここでも頭角を現して、1年生にして出雲駅伝に出場、アンカーとして力強い走りを見せました。

これからますます活躍が期待される選手なので、箱根駅伝を見る際は平林清澄さんを要チェックですよ♪

あなたにオススメ

-陸上

テキストのコピーはできません。

© 2021 もっと知りたいッ!そこんトコ!! Powered by AFFINGER5