暮らし

一度も着ていない服は捨てるべき?もったいないから捨てられない?

一度も着ていない服捨てるアイキャッチ画像

そろそろ衣替えの季節がやってきますね。

衣替えは、服の入れ替えと同時に、一度も着ていない服などを捨てる、クローゼット整理の大チャンス!

このチャンスを逃している人はいませんか?

 

でも、一度も着ていない服って、捨てるのはもったいないと感じてしまいますよね。

捨てる以外に、他に何か対処する方法はないのでしょうか。

今回は、一度も着ていない服を捨てるべきかどうか、について着目してまとめていきたいと思います^^

この記事の内容

  • 一度も着ていない服の処分方法
  • 服を捨てるための基準作り
  • 着ていない服を捨てることと運気の関連

一度も着ていない服は捨てるべきなの?

たくさんの洋服

皆さんは、「一度も着ていない服を捨てる」という経験をしたことがありますか?

一度も着ていない服を捨てる時には、様々な想いが巡りますよね。

なぜこれを買ってしまったのか、もったいない、いつか着るのではないか…などなど。

こんなに心苦しい思いをしていると、やはり一度も着ていない服でも捨てるべきなのか、という疑問がわきます。

実際のところ、答えは「イエス」なのですが、なぜ「イエス」なのでしょう。

 

着ていない服を整理する時のことを考えてみてください。

昔はよく着ていたけど今は着ない服と、買った状態のまま一度も着ていない服があったとします。

前者は処分して、後者はもったいないからと残した場合、また着ない状態のまま次の機会まで置かれることとなります。

そして、次の整理の機会でも同じことを繰り返し、結局、一度も着ていない古い服が残る、ということになりかねません。

服の整理を行う場合「もったいない」という気持ちを持っていると、何も進まないことが多いです。

 

そこで、発想を変えて「もったいないから、何かに役立てよう!」と考えてみてはどうでしょう?

一度も着ていない服も、自分が持っているだけでは価値が見い出せませんが、他の誰かの役には立つかもしれません。

そのため、一度も着ていない服は「捨てる」のではなく、「手放す」と考えるといいのではないでしょうか。

そうすることで、「もったいない」という気持ちは薄らぎ、何か別の対処方法に取り掛かれるかもしれません。

一度も着ていない服は捨てられない!そんな時の対処方法は?

上項では、一度も着ていない服を捨てられない場合、発想を変えることの大切さについて説明しました。

「もったいないから、何かに役立てよう」と発想を変えてみると、実は色々な対処方法があるんですよ!

私が良く利用する方法を中心に、いくつかご紹介しますね^^

一度も着ていない服の対処方法①売る

不要な日用品などと同様に、一度も着ていない服も「売る」ことができます。

その際、「一度も着ていない」というのがよいポイントで、市場によっては売れやすさにつながります。

一度も着ていない服を売る場合、以下の手段がありますよ!

服を売る手段

  1. リサイクルショップ
  2. メルカリなどのフリマアプリ
  3. 宅配買取サービス

一度も着ていないという点を評価してくれるのは、メルカリなどのフリマアプリ

自分で商品の紹介ができるので、一度も着ていない旨をしっかり記載することが大切ですよ!

一度も着ていない服の対処方法②友だちにあげる

子どもや赤ちゃんの服は、すぐに着れなくなってしまうものも多いですよね!

まだ着れるくらいキレイだけど、サイズアウトしてしまっては仕方がないと諦めた経験はありませんか?

そんな時、友だちにあげるというのも一つの手段ですよ!

リサイクルショップで買うには抵抗がある、という人でも、友だちから貰った物なら使えるという場合もあるようです。

 

私も、友だちから服を貰ったり、逆に友だちにあげることもありました。

貰った時はとても助かりましたし、あげた時には喜ばれましたよ!

一度見着ていない服であれば、なおのこと喜ばれると思います^^

一度も着ていない服の対処方法③リメイクする

リメイクというと、裁縫が得意な人がするイメージがあるかと思います。

でも、空き瓶に服の生地を巻き付けるように貼るだけの簡単なリメイクもあるんですよ!

こうすると、かわいらしい鉛筆たてができあがります!

裁縫が得意な人であれば、バッグを作ったり、ペットの洋服を作ったりとリメイクの幅は広いと思います^^

一度も着ていない服の対処方法④寄付する

一度も着ていない服は、寄付するということもできるようです!

私はほとんど行ったことが無いのですが、寄付を募集している団体は、ネットなどから調べられますよ!

団体によって、送料が自己負担の場合もあれば無料のところもあるなど、違いがあるようです。

自分の着なかった服が社会貢献になると嬉しいですね!

 

以上のことから、一度も着ていない服も捨てるだけが処分方法ではないことがわかります

どの方法に取り組むかは、人それぞれですので、色々やってみるといいかもしれませんよ^^

服を捨てられない人は基準を作ってみる

服を整理していくには、自分なりに基準を作っておくと、ブレずに選べるのでわかりやすいですね。

上記のSNSでは、優先順位の高い服から選んでいるようです。

これ以外にも、「1年以上着ていない」というのを基準にしている人もいますよ。

 

また、年齢とともに体型が変化することで、合わなくなるデザインもあります

服の丈や、色合いなどを確認していくことが大切ですよ。

大切なのは、着てみて似合うかどうか自分の目で確認することです!

似合っていないと感じる服は、捨てるタイミングかもしれません。

 

このように、色んな視点を持ってみていくと、自分なりの基準が見つかってくるのではないでしょうか^^

着ていない服を捨てることで運気が上昇?

古い衣類を整理することが、良い運気を呼ぶことに関連している、と言われているのはご存知ですか。

これは、風水による考え方ですが、物を捨てることや、物への執着心を捨てることは、どちらも開運に繋がります

逆に、古い服を着続けることや、クローゼットがパンパンな状態は、ともに運気を下げると言われています。

 

着ていない服を思い切って処分し、クローゼットにゆとりが生まれると良い運気が流れてくるようですよ!

そう考えると、服を捨てることにも意味が生まれますし、ぜひ良い運勢にしていきたいですよね!

一度も着ていない服は捨てるべき?もったいないから捨てられない?:まとめ

今回は、一度も着ていない服を捨てるべきかどうか、について着目してまとめてきました。

一度も着ていない服を捨てる時には、もったいないという気持ちが強く、なかなか捨てられないことがあります。

しかし、服の整理を行う上で「もったいない」という気持ちを持つと、なかなか進まなくなってきてしまいます。

そのため、一度も着ていない服であっても、処分する勇気を持つことが大切ですよ!

 

ただし、「捨てる」ことだけが、処分方法ではありません。

売る、友だちにあげる、リメイクなどをすることによって、新たな使い道が見つかることもあります。

こうすると、もったいないという気持ちは薄れてきますよね^^

 

服の整理を進めていくことは、運気が上げる上でも役立ちます。

定期的な服の整理を行うためにも、服を処分する基準を作っていくといいかもしれませんね^^

あなたにオススメ

-暮らし

テキストのコピーはできません。