スキャンダル

石川大我は自衛隊や警官だけじゃなく救急隊員に脅迫って本当?

石川大我は自衛隊や警官だけじゃなく救急隊員に脅迫って本当?

石川大我は自衛隊や警官だけじゃなく救急隊員に脅迫って本当?

 

立憲民主党のお騒がせ議員、石川大我氏にまたもや批判が集まっています。

石川大我議員といえば、これまでにも自衛隊に難癖をつけたり、警官に「俺は国会議員だ!」と恫喝したりと、数々の炎上騒ぎの張本人ですが、ここへ来て、職権乱用とも思える脅迫騒ぎを起こしたとして、またもや炎上騒ぎ。

ということで今回は、

  • 石川大我が自衛隊や警官に対する炎上騒動と、救急隊員に対する脅迫騒ぎとは?

このような内容でお伝えしていきますので最後までご覧ください。

 

石川大我の自衛隊や警官に対する炎上騒動とは?

石川大我議員の自衛隊に対する炎上騒動とは?

テレビ東京の「超スゴ!自衛隊の裏側全部見せちゃいます!」という番組の中で、海上自衛隊の艦船の中に「真水の一滴は血の一滴」という昔の海軍時代から伝えられている標語が紹介されたのです。

その番組を見ていた石川大我議員がこれに過剰に反応したのです。

石川大我議員はすぐさ自身のツイッターでこのような発言をしています。

「真水の一滴は血の一滴」この言葉の意味もわからず騒ぎ立てたというのです。

ちなみに、この標語の意味は「海の上では一滴の真水は一滴の血と変わらないくらい貴重なもの」。

そして、警察官に対する恫喝騒動は、深夜2時頃、たまたま石川大我議員とすれ違ったパトカーに対してスマホで撮影を始めた石川大我議員。

その行動を不審に思った警官が撮影をやめるよう注意したところから石川大我議員がヒートアップ。

「オレは2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ」

「警察に肖像権はない」

「警察官に『名前を言え! 警察手帳を撮らせろ』と大声でわめくと、それから何を思ったのか、石川さんは自分でその場から110番通報をしたみたいで別の警察官もやってきて、ますますものものしい雰囲気に。警察から何度も名前を尋ねられた石川さんは最初は拒んでいたものの、最後は『オレは国会議員だぞ! ビビっただろう』との“決めゼリフ”まで…。

この時の石川大我議員は酒を飲んでかなり酔っていたみたいです。

どこかの酔っぱらいのおじさんと化した、国会議員の相手をさせられた警官はホント気の毒ですね^^;

 

石川大我の救急隊員に対する脅迫騒ぎとは?

8月8日に知人が具合が悪くなって救急車を呼んだらしいのですが、体温や血中酸素の数値を見て、救急隊員が自宅療養の範疇だと説明したところ、石川大我議員が現れて、猛抗議を始めたというのです。

「「救急隊員は『保健所の判断です』と説得したのですが、彼らの怒りは収まらず、救急隊員をスマホの動画で撮影し始めた。そして『搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!』と言って、救急搬送を強く迫ってきたのです。現場でのやり取りに関しては、消防庁に報告書として上げられています」(同前)

 その後、救急隊員は再度保健所と協議し、朝方になって病院への搬送が決まったという。

出典:ヤフーニュース

緊急搬送と自宅療養を決めるのは救急隊員ではなく、あくまで保健所なのですが、そのことをいくら説明しても聞き入れなかったらしく、結局は朝方になって緊急搬送が認められたらしいです。

これってどう考えても職権乱用なのでは…

入院したくても拒まれてなくなっていく人が多い中で議員特権を利用してこのような行為が行われるとは…

石川大我議員は国民の前できちんと説明するべきではないでしょうか。

 

石川大我は自衛隊や警官だけじゃなく救急隊員に脅迫って本当?:まとめ

今回は立憲民主党のお騒がせ議員、石川大我氏を「石川大我は自衛隊や警官だけじゃなく救急隊員に脅迫って本当?」と題して紹介してきました。

議員職をかさにきて、好き放題するとは絶対に許されることではないでしょう。

石川大我議員の今後の動向から目が離せません。

あなたにオススメ

-スキャンダル

テキストのコピーはできません。

© 2021 もっと知りたいッ!そこんトコ!! Powered by AFFINGER5