スポーツ

金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術とサガン鳥栖のプレースタイルとは?

金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術とサガン鳥栖のプレースタイルとは?

金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術とサガン鳥栖のプレースタイルとは?

 

Jリーグ「サガン鳥栖」と言えば熱血指導で有名な金明輝(キン・ミョンヒ)監督の戦術によく注目が集まります。

そんな金明輝(キン・ミョンヒ)監督の戦術とはどのようなものなのでしょうか?

また、サガン鳥栖のプレースタイルについてもまとめました。

 

この記事の内容は、

  • 金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術は?
  • サガン鳥栖のプレースタイルとは?

上記の内容でお伝えしていきます。

 

金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術は?

金明輝(キン・ミョンヒ)監督は、2018年に当事の監督マッシモ氏の辞任で、トップチームコーチから一時的にサガン鳥栖の監督に就任。

その後、最終節までの5戦で、3勝2分と無敗の結果を残してJ1残留に導きました

2019年には監督をルイス・カレーラスに譲るも、同年5月にカレーラスに代わり、正式に監督に就任します。

 

これまでサガン鳥栖の戦術と言えば、マッシモ監督時代のとにかくゴールを死守し失点しない、守備に重きをおいたプレースタイル。

その後カレーラスが監督に就任して、それまでの守備力重視から、今度はコンパクトにパスを多用し、決めては縦のロングパスからのシュートという堅守速攻な戦術にシフト。

しかし結果は振るわず、監督はカレーラスから金明輝(キン・ミョンヒ)氏に交代。

金明輝(キン・ミョンヒ)氏が監督に就任したことで、新たな戦術への期待が高まっていました。

 

金明輝(キン・ミョンヒ)監督は熱血漢として知られていますが、その熱い指導力で、これまでの守備主体のサッカーから、攻撃主体のイケイケサッカーになるのではと予想されていましたが、いい意味で予想を裏切られます。

金明輝(キン・ミョンヒ)監督の戦術は、前監督らのいいところを活かしつつ、攻撃力もプラスするといったまさにマルチな戦術でした。

つまり、パスとポゼッションの使い分け。

 

マッシモ時代のポゼッションを効果的に使った守備

カレーラス時代の縦のロングパスからの攻撃

 

これらをうまく取り入れたのが金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術なのです。

 

金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術を取り入れたサガン鳥栖のプレースタイルとは?

これまでの戦術をうまくミックスさせた金明輝(キン・ミョンヒ)監督率いるサガン鳥栖のプレースタイルとは?

一言で言えば、

どこからでも、誰でも、守備、攻撃に切り替えられる、まさにマルチなプレースタイル

 

金明輝(キン・ミョンヒ)監督の戦術を取り入れたサガン鳥栖のプレースタイルはこの一言に凝縮されています。

 

つまり全員がオフェンス(攻撃)であり、全員がディフェンス(守備)だということ。

それには鋭い観察力と、判断力が必要なのです。

その時々の状況を即座に判断して、素早く行動に移す。

 

この中のどれか一つ欠けただけでも良い結果は出ません。

選手一人一人が常に同じ意識を守って一体化した時、勝利を掴むことが出来るのです。

これこそが、時にはベンチから罵声を飛ばすほど熱すぎるおとこ

金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術であり、サガン鳥栖のプレースタイルなのです。

チームや選手、そして金明輝(キン・ミョンヒ)監督には、さらなる高みを目指してほしいものです。

 

金明輝(キン・ミョンヒ)監督率いるサガン鳥栖に対する世間の反応は?

それでは、金明輝(キン・ミョンヒ)監督率いるサガン鳥栖に対する世間の反応を見ていきましょう。

世間から見ても、金明輝(キン・ミョンヒ)監督の評価が高いことがうなずけますね。

たしかに熱すぎる漢故に、誤解されるようなこともありますが、それもこれもチームと選手を思ってのこと。

 

サガン鳥栖ファンはちゃんとわかってらっしゃいますね!

 

まとめ

今回は、「金明輝(キン・ミョンヒ)の戦術とサガン鳥栖のプレースタイルとは?」と題して、サガン鳥栖の金明輝(キン・ミョンヒ)監督の戦術とサガン鳥栖のプレースタイルについてまとめましたがいかがでしたか?

金明輝(キン・ミョンヒ)監督は、前監督たちの良いところをうまく活かした戦術で、現在のサガン鳥栖のプレースタイルを作り上げました。

 

サガン鳥栖と所属選手、そしてチームを率いる金明輝(キン・ミョンヒ)監督のますますの活躍に期待したいと思います。

 

 

あなたにオススメ

-スポーツ

テキストのコピーはできません。

© 2021 もっと知りたいッ!そこんトコ!! Powered by AFFINGER5