スキャンダル

京都大学論文盗用の元大学院生とは誰で顔画像は?

京都大学論文盗用の元大学院生とは誰で顔画像は?

京都大学論文盗用の元大学院生とは誰で顔画像は?

 

京都大学にスキャンダル報道が飛び込んできました。

その内容は、今から9年前の2012年9月に授与した、博士号を論文盗用の疑いで取り消したというものです。

というわけで、京都大学から博士号を取り消された、元大学院生とされる男性は誰なのか?

名前や顔画像はあるのか?

 

調査したのでまとめました。

この記事の内容は、

  • 京都大学論文盗用の元大学院生とは誰?
  • 京都大学論文盗用の元大学院生の顔画像は?

についてお伝えしていきます。

 

京都大学論文盗用の元大学院生とは誰?

 

京都大学論文盗用の元大学院生とは誰?

非常に気になりますよね!

 

京都大は25日、人間・環境学研究科の元大学院生に対して2012年9月に授与した博士号(人間・環境学)を取り消したと発表した。京大が博士号を取り消すのは初めて。

 京大によると19年5月、元院生が所属する講座の紀要に掲載した論文に盗用の疑いがあると通報があった。調査を開始したところ、計11カ所で出典を明記しない無断引用や着眼点の無断借用などを確認。さらに博士論文「日本語と中国語の再帰代名詞について」の一部に、紀要に載った論文が転用されていることを確認したため盗用と認定した。

出典:京都新聞

⇑今回の件が明るみに出たのは、今から2年前の2019年5月、ということはこの2年間、今回の件が事実なのか裏付けをとってきたというわけなんでしょうか?

ことがことなだけに、慎重に調査していたのでしょう。

 

そして確固たる証拠を掴んで、今回の博士号取り消しという対処が行われ行われたのでしょう。

 

ところで9年前に人間・環境学博士号を授与された大学院生とは誰なのでしょうか?

名前などは公表されてるのでしょうか?

 

調査の結果、博士号を剥奪された元大学院生の名前が判明しました。

名前は金晶(きんしょう)氏。

名前から見て中国人であることは間違いないでしょう。

 

京都大学で論文盗用の疑いで、博士号が取り消されたのは初めてのこと。

まさに前代未聞の出来事。

 

自体を重く見た京都大学は、早急な対応に追われたようです。

 

京都大学論文盗用の元大学院生、金晶氏の顔画像は?

名前は判明しましたが、金晶氏が今現在どのような職業についているのか?また、年齢や性別に関しては、

個人情報ということで非公開にされているようです。

 

SNSなどで顔画像は確認できるのか?

早速調査してみました。

 

しかし金晶氏と思われる人物の顔画像などは見つかりませんでした。

 

今から約9年前の出来事なので今後も金晶氏の情報が出てくる可能性は低いのかも知れません。

 

しかしどうしてあちらの国の方は、このような行為を働くのでしょうか?

 

プライドはないのでしょうか?

 

今回のことがきっかけて、過去の不正や、これからの未来にケチをつけるのだけはやめてほしいものです。

 

まとめ

以上、ここまで「京都大学論文盗用の元大学院生とは誰で顔画像は?」と題しまして、論文盗用によって博士号を取り消されたとされる、金晶氏についてまとめてきました。

 

今から9年前の出来事言うことで、これ以上の情報は見つかりませんでした。

またなにかあらたな事実が判明すれば、こちらに追記したいと思います。

-スキャンダル

テキストのコピーはできません。

© 2021 もっと知りたいッ!そこんトコ!! Powered by AFFINGER5