お笑い

ニッポンの社長辻が中学で野球を始めて全国制覇って本当?

ニッポンの社長辻が中学で野球を始めて全国制覇って本当?

一度聞いたら忘れないコンビ名の、ニッポンの社長。

キングオブコントは2年連続決勝進出を決め、2020年M-1グランプリでは敗者復活戦出場など最近人気が出ていますね。

 

今日はお笑いコンビ、ニッポンの社長辻さんの中学野球についてネットで話題になっていたのでご紹介します。

話題の発端は、『アメトーーク』の元野球部芸人にてニッポンの社長辻さんが、中学野球の話や弟さんについて話したこと。

ニッポンの社長辻さんの中学野球時代のエピソードや、弟さんについて詳しく知りたい方はぜひ最後までご覧ください!

 

この記事でわかること

  • ニッポンの社長辻の中学野球の活躍がスゴかった?
  • ニッポンの社長辻は高校野球での戦績は?
  • ニッポンの社長辻の弟もスゴい?

 

ニッポンの社長辻は中学から野球を始めて全国制覇?

ニッポンの社長辻さんの出身中学校は、地元の京都府立藤森中学校。

 

実はニッポンの社長辻さんが在学中、2学年上にはタレントのmisonoさんがいたとのこと。

他にも、ブラックマヨネーズの吉田敬さんや、倖田來未さんが京都府立藤森中学校の主な卒業生です。

 

ニッポンの社長辻さんは中学野球として、ファーストのポジションにつき、打順は5番だったようです。

さらに調べると、本格的に野球に取り組んだのは、ニッポンの社長辻さんが中学の野球部に入ってからとのこと。

アメトーークの中では、当時はルールも分かっていなかったが、レギュラーを取り全国制覇したと話していました。

幼いころから野球に親しみ、練習を重ねたわけではないのに、レギュラーを取るなんてきっとセンスがあったんですね!

 

さらに当時のエピソードとして、中学生らしい一面を語っていました。

 

ニッポンの社長辻さんは中学野球にて朝練習が5時にあったのですが、深夜のお笑い番組をどうしても見たかったそう。

そこで、夜中に1度目覚まし時計をかけてお笑い番組を見て、もう一度寝てから朝練に行く生活だったそうです。

部活にも励みながら、当時から好きだったお笑いを欠かさず見るための努力が微笑ましいですね。

 

ニッポンの社長辻は高校野球でも活躍したの?

ニッポンの社長辻さんは中学野球にて、自身の野球センスを発揮し活躍しました。

高校では、京都の公立で野球の強豪校と言われている鳥羽高校に進学したそうです。

 

明治33年に京都府第二中学校として創立した、とても古い歴史のある高校。

体育系のコースもあり、野球部を始め、他のスポーツにも力を入れている文武両道の強豪校です。

 

野球部はもちろん甲子園出場経験があり、プロ選手も送り出しています。

引退されていますが、1994年に千葉ロッテに入団した後藤利幸投手や、楽天イーグルスなどで活躍した近澤昌志捕手。

 

さらに現在、オリックスバッファローズ在籍の平野佳寿投手などが有名な卒業生です。

ニッポンの社長辻さんは中学野球では大変活躍されていたようですが、高校野球ではどうだったのでしょうか?

 

成績を見てみると、2002年ニッポンの社長辻さんが高校1年生の時の夏の第84回京都大会は2回戦敗退

2003年高校2年生の夏の第85回京都大会は準々決勝進出

2004年高校3年生の夏の第85回京都大会は4回戦で敗退しています。

 

甲子園に出場することもあった高校ですが、ニッポンの社長辻さんが在籍中には残念ながら叶いませんでした。

高校時代についてニッポンの社長辻さんは、中学野球に比べると野球に伸び悩んだと語っていました。

とはいうものの、大学へは野球推薦で進学し京都市にある花園大学へ入学しました。

 

ご本人のとしては、悔いの残る結果だったのかもしれませんが、野球推薦がもらえた点からその実力の高さを感じます。

ちなみに高校時代、やはり大好きだったお笑いの道を本気で考え、高校卒業後にNSCに入ろうとも考えたそうです!

しかし、一緒にNSCへ行こうと誘った友人に断られたこともあり、大学進学の道に進みます。

 

大学在籍中、野球推薦で入学したたものの、お笑いへの道も忘れられなかったのでしょうか。

野球に対する熱が冷めてしまい、大学では野球をやらなかったそうです。

 

ニッポンの社長辻の弟もスゴかった!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

辻孟彦(@takehiko0727)がシェアした投稿

ニッポンの社長辻さんは、中学野球の頃からセンスを発揮していましたが、そのセンスに納得の情報を見つけました。

 

ニッポンの社長辻さんは3人兄弟の真ん中なのですが、弟さんが元中日・辻孟彦だったことが判明したのです!

ニッポンの社長辻さんの弟の辻孟彦は1989年7月27日生まれ。

 

中学時代に京都ヴィクトリーズに所属し、全日本選抜の一員として世界大会3位に進出されたそう!

京都外大西高等学校へ進学し、2007年高校3年生の夏の第89回の京都大会では先発投手として甲子園に出場しています。

 

卒業後は日本体育大学へ進学し、1年生の頃から登板するなどその活躍ぶりは凄まじかったそう。

そして2011年ドラフト4位指名で中日の投手として入団し、1軍では13試合に登板して活躍しました。

2014年に引退後は母校・日本体育大学でコーチとして活動しています。

中日のドラフト2位森博人投手や、西武の松本航投手らをプロに送り出すなど、コーチとしての腕前を発揮しています。

ちなみに3人兄弟の一番上はお姉さんだそうです。

今回、お姉さんの情報は特に見つかりませんでしたが、きっと運動神経の良い御家系なのだと思います。

ニッポンの社長辻さんと弟さんは、お二人とも体格が良く身長も高いので、お姉さんも背が高いのかもしれません!

 

ニッポンの社長辻が中学で野球を始めて全国制覇って本当?:まとめ 

ニッポンの社長辻さんが中学で野球を始め、そのセンスを開花させて活躍されていたことが分かりました。

さらに、弟さんが元プロ野球選手だなんて、驚きでしたね!

一方で、お笑いが好きでその思いを諦めず努力し、こうしてテレビに出るまで有名になったのだと思うと胸打たれます。

ネクストブレイクといわれているニッポンの社長。

いつか、お笑い界の社長に上り詰める日もくるかもしれませんね!

あなたにオススメ

-お笑い

テキストのコピーはできません。

© 2021 もっと知りたいッ!そこんトコ!! Powered by AFFINGER5