高校野球

東海大菅生コールド負け!高野連の判断がヒドすぎるとSNSで話題!

東海大菅生コールド負け!高野連の判断がヒドすぎるとSNSで話題!

東海大菅生コールド負け!高野連の判断がヒドすぎるとSNSで話題!

 

今年の夏ほど雨に祟られた甲子園も、なかなかないのでは?

本日2021年8月17日の第1試合、「大阪桐蔭Vs東海大菅生」の試合が7回裏が終わった時点で豪雨のため試合中断。

点差は3点、しかも負けている東海大菅生の反撃途中での中断。

 

そして最悪の結末で試合は幕を下ろします。

大阪桐蔭Vs東海大菅生の試合は雨天コールドで追い上げ最中の東海大菅生の敗退が決まりました。

この結果を聞いた視聴者からは、

・高野連と審判の判断ミスが原因だ!

・7回まで引きずって無理やり試合成立を狙ったのでは?

SNSではこのような声が飛び交っています。

 

東海大菅生のコールド負け!高野連の判断がヒドすぎるとSNSで話題!

それではここから、大阪桐蔭Vs東海大菅生雨天コールド試合終了高野連の判断がヒドすぎる!というSNSの反応をまとめました。

⇑元大阪市長の橋下徹さんもこのようにご立腹です。

 

このようにみなさん憤っているようですが、今日の天気予報は雨だったわけですからこうなることも予想できたはず。

確かに日程など厳しい部分があるのもわかります。

けど途中で中止にしたら結局は1日延びるので同じことですよね。

それにこの試合はまだまだどうなるかわからない展開だったのに…

これは負けた東海大菅生にとっても、勝った大阪桐蔭にとっても悔いの残る試合でしょう。

だって、厳しい地方大会を勝ち抜いて手にした切符なのに…

切なすぎます。

 

あなたにオススメ

-高校野球

テキストのコピーはできません。

© 2021 もっと知りたいッ!そこんトコ!! Powered by AFFINGER5