節分

節分で鰯の頭の飾り方が知りたい!由来や意味も徹底調査!

節分で鰯の頭の飾り方が知りたい!由来や意味

家族の健康を願って、節分に豆まきをしたり、恵方巻を食べたりする家庭は多いと思います。

では、節分での鰯(イワシ)の頭の飾り方ってご存知ですか

そもそも鰯の頭を飾るって何?って疑問に感じる方もいるんじゃないでしょうか。

 

そこで今回は、節分の鰯の頭の飾り方だけでなく、その由来や意味も紹介していきますね。

伝統的な行事を知ることで、節分の奥深さを少しでもお伝えできればと思います。

この記事でわかること

  • 節分の鰯の頭の飾り方
  • 節分に鰯の頭を飾る由来や意味

節分の鰯の頭の飾り方

鰯の飾り方

無病息災や家内安全を願って、節分に鰯の頭を飾る習慣が、一部の地域ではあるみたいです。

その由来や意味を紹介する前に、まずは節分の鰯の頭の飾り方を紹介しちゃいます!

 

節分の鰯の頭の飾り方は、いたって簡単!

焼いた鰯の頭に、葉がついた柊の枝を刺す

だけです。

これを柊鰯と言いますが、そのままですね(笑)

写真で見るとなかなかシュールな絵面ですが、なんだか効果はありそう。

 

それでも面倒という方は、スーパーでも売っているので、手軽に手に入ると思います。

匂いが気になるので、折り紙で代用する人もいるみたいですね。

子どもと一緒に作るのも楽しそう♪

節分の鰯の頭の飾り方ですが、どこに飾るといいのでしょうか?

 

鬼が侵入してくるのを防ぐため、

柊鰯は玄関に飾るのが良い

とされています。

 

匂いがするため動物が寄ってくることがあるので、節分が終われば早めに片付けることをオススメします。

神聖なものなので、神社で供養してもらうか、紙に包んで塩や酒で清めてから処分するようにしましょう。

 

節分の2月3日当日だけ飾るのが一般的と言われているようですが、地方によって様々で、中には2月いっぱいということろもあるほど。

節分に鰯の頭を飾るようになった由来は?

 

鰯の頭を飾る由来

節分に鰯の頭を飾るようになった由来は、平安時代にまで遡ります。

古典の『土佐日記』に最古の柊鰯の記述があるとのことなので、昔からある伝統的な行事なんですね。

 

この頃から、柊の枝と『なよし』と呼ばれるボラの頭を、しめ縄に刺して飾る習慣があったそうです。

なぜボラなのかというと、ボラは出世魚で縁起が良いとされているから。

 

また、漢字では鰡と書き、神様を家の中に留める、という意味もあったみたいです。

その後、それが入手しやすく、匂いのきつい鰯に代わったと言われています。

 

奈良県を中心に主に関西で見られる風習で、福島や関東でも一部では、今でも節分に鰯の頭を飾るとのこと。

そして、関西では無病息災を願って、節分の当日に鰯を食べる習慣もあります

 

私の実家も大阪なので、柊鰯は飾っていなかったけれど、たしかに節分の日は鰯を食べていましたね。

DHAが豊富で頭が良くなると言われていましたが、正直言うと子どもの頃はあまり好きではありませんでした^^;

節分に鰯の頭を飾る意味

鰯の頭飾る意味節分に鰯の頭を飾るのは、

鬼が家に入って来ないようにする魔除け

の意味があるとされています。

 

節分の鰯の頭の飾り方でも紹介したように、節分では玄関に柊鰯というものを飾る風習がありますよね。

これには意味があって、鬼は柊の尖った葉や鰯の臭いを嫌うため、と言われています。

それが転じて、厄災や、病気を遠ざけると考えられるようになりました。

 

では、節分に鰯の頭を飾る意味を詳しく見ていきましょう。

節分に鰯の頭を飾る意味①なぜ鰯なの?

節分に鰯の頭の飾り方で鰯を使う理由は、何なんでしょうか?

 

それは、古来より臭いがきついものが、魔除けの意味をもつと考えられていたからです。

鰯は魚の中でも生臭くて、調理する時もショウガなどと一緒に炊いたりしますよね。

これが鬼に効果的だと思われていたからではないでしょうか。

 

地域によっては、臭いのきついニンニクやラッキョウと一緒に飾るところもあるみたいですよ。

また、鰯(いわし)が和し(やわし)と語呂が似ていることから、家庭内の調和や家内安全を願ってのこと、とも考えられています。

節分に鰯の頭を飾る意味②なぜ柊の葉なの?

では、節分の鰯の頭の飾り方として、柊の葉を使うのはなぜでしょうか?

 

昔からもう一つの魔除けの効果があるとされていたのが、尖ったもので、それに合致したのが柊の葉だったのでしょう。

柊の葉には棘があり、これが鬼の目を刺して、家に入れないように阻止する、魔除けの役割を果たすと言われています。

別名『オニノメツキ(鬼の目突き)』とも言われており、昔から邪気を払うと信じられてきました。

 

ということで、臭いのきつい鰯の頭と棘で尖った柊の葉という最強コンビが、節分の飾りとして重宝されてきたのです。

節分で鰯の頭の飾り方が知りたい!由来や意味も徹底調査!:まとめ

節分の鰯の頭の飾り方ですが、焼いた鰯の頭に、葉のついた柊の枝を刺す、というシンプルなものです。

その由来は、平安時代に出世魚のボラの頭を柊の枝に刺して、しめ縄に飾る風習から始まったとされています。

それがボラよりも入手しやすく、臭いのきつい鰯に代わって、現在まで受け継がれているようですね。

鰯のように臭いのきついものや、柊の葉のように尖ったものを、鬼が嫌うとされており、魔除けの意味をもっています。

現在では、鬼に見立てた病気や、厄災を払うために、節分では鰯の頭を飾るお家が多いので、ぜひ試してみてくださいね。

意味や由来を伝えながら、家族で一緒に飾りつければ、よりパワーアップするかもしれませんよ。

あなたにオススメ

-節分

テキストのコピーはできません。