スキャンダル

進々堂続木創社長の年収や会社の年商はどれくらい?

進々堂続木創社長の年収や会社の年商はどれくらい?

進々堂続木創社長の年収や会社の年商はどれくらい?

 

京都の老舗の人気ベーカリー進々堂が、賞味期限の2ヶ月切れたパンを偽装して販売したとして話題です。

そんな進々堂の社長続木創さんの年収と、会社の年商はどれくらいなのでしょうか?

もし本当に賞味期限が偽装したとなると、会社の経営に苦しんでいたのでしょうか?

 

進々堂続木創社長の年収はどれくらいなのでしょうか?

進々堂の続木創社長の年収ってどれくらいあるのでしょうか?

さっそく調査してみました。

しかし、進々堂続木創社長の年収に関しては詳しい情報が見つかりませんでした。

なのではっきりしたことはわかりませんが、進々堂ほど人気のベーカリーの会社を経営する社長なのでそれなりの年収はあるんでしょうか。

 

進々堂の会社の年商はどれくらい?

進々堂続木創社長の年収はわかりませんでしたが、会社の年商から進々堂続木創社長のん年収を割り出せないのでしょうか?

まずは進々堂の年商から見ていきましょう。

2019年度7月現在で年商23億円。

上記の時点で年商23億。

この金額を見たらスゴいと思いますが、年商と年収は全く別なので、いくら年商が23億だからといって年収がスゴいとは限りません。

経費や借金があれば23億のうちいくらが利益なのか判断の難しいところです。

少ない場合は年収2000万円くらいの可能性もあるのでは。

あくまで推測ですが、2000万円から1億円くらいなものでしょうか?

ただし、賞味期限の偽装に社長が関わっていたなら、経営自体が厳しい状況に追い込まれていてもおかしくはないでしょう。

 

まとめ

京都はもちろん、大阪でも大人気のベーカリー、進々堂。

そんな進々堂がパンの賞味期限を偽装した問題で、進々堂続木創社長の年収と会社の年商について調査してきました。

しかしながら、続木創社長の年収に関しては詳しい情報が見つかっていません。

今後新たな事実が分かり次第追記したいと思います。

あなたにオススメ

-スキャンダル